原作漫画きのう何食べた17話(3巻分)のネタバレ感想を書いています。

きのう何食べた17話のレシピでは、肉みそあんかけチャーハンや酸辣湯(サンラータン)などが紹介されていました。

まずはきのう何食べた17話(3巻)のネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

きのう何食べた17話ネタバレ

シロウは正月に実家に帰りたくないことをケンジに話していた。

父親が退院して実家に帰り、前回の親の夫婦の愛を見せつけられたシロウは「いいもんだな」と思いつつも、こんなことを言葉にしようとしたら母親に嫁を貰えとうるさくから早々に退散をしようとする。

しかしシロウの母はケンジのことや老い支度のことを叱られたことを、親のことを愚痴るのであった。

それを神妙な顔つきで見ていたケンジは「ぜいたく」だと話す。

そしてシロウはケチをつけるけれど、ゲイは恥ずかしいことではないし、老後にパートナーがいること、一人息子のシロウが孫の顔を絶対に見せてくれないとわかってもシロウを心配してくれる親に感謝して親孝行のために帰った方がいいのではと話してきた。

電車の中でシロウは「ケンジが珍しくまじめに怒っていた」と思いつつ、シロウはケンジの実家のことについて何も知らずにいて色々事情があるのだろうなと仕事に打ち込むのであった。

ケンジは帰路で昨日どうしてあんなことを言ってしまったのかを思い、反省をしていた。

返ってくると、ケンジの好きなメニューばかりがそろっていた。

シロウは実家に帰ると告げるのであった。

きのう何食べた17話ネタバレ終了。

きのう何食べた17ネタバレ感想

ここでは、きのう何食べた17話のネタバレ感想を書いています。

前回の回でシロさんのお父さん退院できましたね。元気そうでしたが、シロさんは実家のことでゲンナリしていました。

しかしそれがケンジにとっては感謝しなければという内容で、ケンジの家庭の事情が気になりますよね。確かケンジの家は大家族だったような。

ケンジの家族のことに関しては、17話ぐらいではシロさんの実家の愚痴が多くて出ていませんよね。

シロさんはケンジの言われたことを仕事中に悶々と考えるわけですが、ゲイにしろなんでも結婚などしていないと老後など色々心配される親の気持ちはわからなくないですけれどね。

言われる側は少しうざったく感じるも、そういうことを言われない側にとっては羨ましいのかもと複雑な回でした。

シロさんがケンジに色々言われていた時に「ケンジが怒っている」と書かれるまでは、まさか怒っているとは思いませんでしたね。真剣に話しているだけだと思っていました。

いつも笑っている人を怒らせると怖いパターンなのかもしれません・・・。

でもこういう風にパートナーに言ってくれる人はいいですよね。なかなか言えないものです。

そしてきのう何食べた17話で作っていた肉みそあんかけチャーハンや、酸辣湯とかすごくおいしそうでした。

シロさん普段は玉子2個使わないですね・・・!

そういえばきのう何食べた17話(3巻)では、年齢が44歳になっていましたね。1話では確か43歳だった気がします。

10話ぐらいで1年のサイクルなのかな・・?と思ったりしました。

きのう何食べた17話の掲載レシピは肉みそあんかけチャーハンと酸辣湯

きのう何食べた17話(3巻分掲載)では、下記のレシピが掲載されています。

★肉みそあんかけチャーハン

★酸辣湯(サンラータン)

・白菜のゆずびだし

★ブロッコリーと鶏肉のオイスターソース炒め

肉みそあんかけチャーハン、思わず作りたくなるほどおいしそうでしたよ。

ケンジの好きなメニューになっています。

きのう何食べた17話が掲載されている3巻には、肉みそあんかけチャーハンのポイントなども書かれています。

漫画の内容やレシピが気になる方は、きのう何食べた17話が掲載されている3巻をご覧ください。

次→漫画きのう何食べた18話ネタバレ感想!インスタントラーメンレシピ

前→漫画きのう何食べた17話ネタバレ感想!肉みそあんかけチャーハンレシピ

きのう何食べたの漫画を無料で読める方法やお得に買える方法

スポンサーリンク