きのう何食べた2巻(14話)ネタバレ感想を書いています。

14話ではシロウの元カレと暮らしていた時の様子が描かれています。

元カレは11話にも出てきましたが、シロさん好みだけれど・・・。

料理にはカレーうどんや黒蜜ミルクかんなどのレシピが載っていてとてもおいしそうでした。

まずはきのう何食べた2巻14話のネタバレからどうぞ。

スポンサーリンク

きのう何食べたネタバレ14話

今までに簡単に同棲してこなかったシロウは、ケンジの前に暮らしていた人がいた。

シロウは洗濯機の排水口を詰まらせ、大洪水をしてしまう。

シロウの元カレの伸彦(のぶひこ)に、昼飯は適当に食べてと伝える。

ただ排水口の詰まりは悪く、立ち直れないでいるとノブは何やってんだよと言い、「明日着ていきたいシャツが入っているから洗濯しておいてくれよ」というのであった。

シロウは腹を立て料理に集中したく、欲求不満なる。

そもそも排水口が詰まるのは、伸彦が連れてきた猫のかぼすちゃんの毛が原因だと思う。

ただカボスちゃんは可愛いからいいが、ちょっと渋くて好みのタイプの自分がなんでも許すと思ったら大間違いだとイライラしていると「史朗」と呼ばれ、かぼすちゃんを使い「ねー何かおやつない」と言われ許してしまうのであった。

そして現在、シロウは料理を作るのであった。

シロウは黒蜜がいっぱいかけてあるミルクかんを食べながら「見れば見るほど好みのタイプではない」と思うのであった。

ただなんだかんだ言って、40歳でこの人にであったことが良かったと実感したお盆であった。

きのう何食べた14話感想

14話のシロさんの元彼氏、本当にシロさんタイプっぽくてカッコいいですよね。性格を除けば。

シロさんは昔から料理が好きで、欲求不満になって、ネコのカボスちゃんの排水口の水が詰まっても許しちゃう優しさで涙がでます。

しかも好みのタイプの元カレにはなんだかんだいっても弱い(笑)

シロさん好きなタイプには尽くしちゃうタイプなのかもしれません。

ただケンジはシロウの好みにまったく当てはまんなくても、シロウさんには振り回されちゃうからこういうタイプがいいのかもしれませんね。

ケンジの前にいるシロさんは、ありのままのシロさんがでているのかと思います(某ア●雪みたいに)

それを実感していて良かったです。

途中ででてくる黒蜜たっぷりかけたミルクかん、とても美味しそうです。

きのう何食べた14話の料理のレシピは黒蜜ミルクかん

きのう何食べた2巻14話に掲載されていたレシピはこちら。

★かぼちゃと豚肉のカレーうどん

★いんげんと竹輪のサラダ

★黒蜜ミルクかん

黒蜜牛乳かんで使われる「黒蜜」の手作り方法も掲載されています。

手作りの黒蜜とてもおいしそうで、簡単に作れるみたいですよ。

2巻14話の巻末では、牛乳かんの作り方とカボチャ入りカレーうどんのコツが載っていました。

漫画きのう何食べた14話が気になる場合は、2巻をご覧ください。

次→漫画きのう何食べた15話ネタバレ感想!鮭のホイル焼きレシピ

前→漫画きのう何食べた13話ネタバレ感想!豚みそ炒めがレシピ

きのう何食べたの漫画を無料で読める方法やお得に買える方法

スポンサーリンク