きのう何食べた漫画1巻4話のネタバレと感想を書いています。

1巻の4話のレシピにはイチゴジャムが登場し、シロさんの昔の彼女が登場します。

きのう何食べた1巻の4話のネタバレからどうぞ!

スポンサーリンク

きのう何食べたネタバレ4話

スーパーで2パック300円のいちごを見つけるシロウ。

そして家に帰えりイチゴジャムをつくり、朝のトーストに塗ることをわくわくする。

バターをたっぷり塗ったイチゴジャムをたっぷりのせて、いちごの甘酸っぱさとバターのしょっぱさを堪能する二人。

そこでケンジは食べている食パンの話を持ち出す。

スーパーで特売だと1斤100円なのに対して、1斤330円もするパンを買うのかを少し怒り気味で話す。

シロウはパンはパンドラの箱を開けてしまい、一度美味しいと思うと元に戻れなくなってしまったし、他のパン屋さんよりも高くないし、食費内で収まっているかと返す。

ただしケンジは納得いかないような表情でにらむ。

納得しないのは食パンではなく、買っているパン屋にシロウの「昔の女」がいるからである。

シロウは20年前に人生のなかで1度だけ女性とお付き合いをしたことがあり、自分が若かったこと、バイではないことをケンジに説明する。

世間体を取り繕って女性と結婚をしてしまうゲイもいるのだと話すも、ケンジは聞く耳を持たぬであった。

というのも、ケンジは過去にこのパン屋に行ったことがあったのである。

「いらっしゃいませ」と愛想の良さげな顔で迎えてくれる女性。女性の名前は仁美(ひとみ)という。

ケンジはシロウの彼女を見て、40代でこの水けがの残っているから若いころはさぞかしと思う。

仁美は「筧君とこないだ一緒にいらっしゃった」といいつつ、ケンジは「彼とはとても親しい矢吹といいます」と持ち前の明るさで会話をし始めた。

仁美は店の近くにシロウが住んでいて、それ以来気に入ってパンを買いに来てくれることを話す。

ケンジはそれに対して「美味しいパンで、彼と一緒にたべました」と強調。

その後ゆっくりご覧くださいといい、美味しそうと思いながらパンを買った。

帰り際には仁美は店を出て見送りをしてくれる。

ケンジは「いい人だったな」と思い「でもくやしい」帰路に着くのであった。

その時の自分が惨めだったことを離すと、シロウは彼女はすでに結婚していて中学生になる子供もいると話す。

ケンジは不倫はよくあることで、自分は妻子持ちの男性と付き合ったこともあると発言。

そしてシロウが過去に仁美と付き合ったんは、彼女が大柄で当時ショートカットで女っ気が薄い子だったからなのであり、こういう女性ならば自分も付き合えると思ったからだと話す。

付き合っていて2~3ヶ月にノンケを隠すのがつらくなり、いい加減に付き合っていたことがバレて仁美から別れたいといってきて、半年も続かなかったという。

そしてシロウは神妙な面持ちとなり、当時自分が彼女と付き合っていたうまくやってたらゾッとしてしまうという。

もしうまくいって結婚をして子供が生まれたらどうしよう、周りに流されやすいから自分が無理に結婚していて、ケンジが昔不倫相手だった人のようにゲイは絶対やめられず、嫁、子供を裏切って、恋人も傷つけてしまうことを思うと『女性には懲りた』と話したのであった。

ケンジはシロウをじっと見つめるものの、でもあそこのパン屋ではパンを買うのを辞めて!というが、美味しいパンを買うのをやめるのは難しいのであった。

きのう何食べた1巻4話ネタバレ完

きのう何食べた4話感想

きのう何食べた1巻の4話では、シロウが唯一付き合っていた女性が登場しました。

最初にイチゴジャムのレシピの作り方が登場したので可愛らしい話になると思いきや、まさか元彼女の話だったとは。

シロさんは周りに合わせて、自分も彼女をつくらなくてはいう焦りから無理に付き合った経験があるんですね。

20年前というと、23歳ぐらいなので若き頃の話・・・!なら焦ってもしょうがない。

ゲイの方でもバイでないのに女性と結婚する方も多いんですね。

ある意味妥協というのか、世間体の目や親の目などもあるのか複雑ですよね。

しかももともとシロウの恋愛は女性でないですし、お付き合いしているとなるとやはり苦痛になってくるんですね。

女性も流されシロウに告白されて、ばっちりですね(苦笑)

だってかっこいいですから、告白されたら喜んじゃいますもん。多分。

そして4話ではシロさんが流されやすいタイプ、ケンジはわりと嫉妬心が強いことがわかりましたね。

シロさんの元彼女のパン屋さんに行ったり、さりげなくアピールしたり(笑)していますが、確かに元彼女がいてもよさそうな人だから疑っちゃう気持ちもわからなくはないですよね。

よく不倫騒動などありますが、ゲイの人で奥さんがいても不倫する方もいるなど思いつつも、シロさんの発言からなるほどと思いました。

シロさんが美味しい食パンを食べると元には戻れないと話していましたが、これはとてもわかります。

パン屋さんの食パンは高いけれど本当に美味しいところは美味しくて、一度食べれるとスーパーのパンがこう、質素という風になってしまうんですよ。

特に高級食パンを食べると耳まで美味しくて、朝ごはんが至福になりますし、いちごジャムつけたらもう、無理ですね。

お菓子を買いよりかは、毎日食べるものだからこう、大丈夫!まさにパンドラの箱。戻れない!

ちなみにイチゴジャムの作り方は、レシピ本よりも詳しく絵でレシピ説明されてたので作りたくなってしまいました。

きのう何食べた4話の料理のレシピはいちごジャム

きのう何食べた1巻4話で掲載されているレシピ料理はこちら

★いちごジャム

いちごジャムを作る際の保存瓶の下処理や、いちごジャムの作り方のレシピが丁寧に書かれています。

いちごのアクをロシアンティー風で飲んでいました。

ロシアンティーとは、紅茶にジャムを入れてのむロシア伝統の飲み物です。

ロシアンティーの場合、実際はジャムを紅茶にいれるのではなく、スプーンにとって舐めながら紅茶を飲むのが一般的なようですが、きのう何食べたでは紅茶の中にアクを入れていました。

巻末にはいちごジャム以外にも、代用品として使える果物などとちょっとしたレシピも載っています。

きのう何食べたの4話が気になる方は、1巻をご覧ください。

次→きのう何食べた5話漫画ネタバレ感想!イワシ料理がレシピ

前→きのう何食べた漫画3話ネタバレ感想!煮物がレシピ

きのう何食べたの漫画を無料で読める方法やお得に買える方法

スポンサーリンク